ピアノ発表会開催致しました

7/23(土)発表会

コロナ禍2回目の発表会でした

前回の発表会は昨年3月。
前半後半に分け、来客者は保護者1名とし、全編Youtubeライブ配信を行いました。

そして、今年の発表会。

日時を決定した頃は「もう大丈夫かもしれない」と思うようなコロナウィルス感染者数・減少傾向にあったのですが…。
結果的に感染者ピークとなってしまった7月。

「生徒の感染者が続出しないだろうか?」
「再びホール人数の規制が始まるのではないだろうか?」
「無事開催できるだろうか?」
「私が感染してしまったらどうしよう…?」

という不安を持ちながらの日々。

来て下さる予定だった司会者や演奏者が濃厚接触者になってしまったり、ご自身が罹ってしまったり…そんな連絡が続々と入ってくるたびに不安を感じていました。

とにかく「大丈夫!絶対大丈夫!と自己暗示をかけながら当日を迎え、
7月23日(土)に無事開催する事ができました。

しっかり演奏してくれたみんな。
見守って下さった保護者様。
サポート下さった演奏仲間たち。
関わって下さった皆様、本当にありがとうございました!

ピアノ生徒+前座演奏チーム「ELK」+連弾された保護者様など、関わって下さった方々との集合写真
(プライバシー保護のため、敢えて不鮮明な写真を掲載しています)

 

前座演奏|インディアンフルート&ドラム演奏

「発表会」という言葉から、弾く本人よりも保護者様の方が緊張し、ピーン!と張り詰めたような空気感が漂ってしまう事が多くあります。

緊張される気持ちはよくわかります!!
しかし、リラックスしている方が何事もうまくいくもの。

そのような想いから、リラックスした状態で皆様が楽しい時間を過ごせるよう、今回は演奏仲間を呼びました。

前座に、ネイティブアメリカンの愛を奏でるための笛「インディアンフルート」と、フルートと共に使われる「ネイティブドラム」を使った演奏で、皆様にも手拍子をお願い★

少しでもリラックス頂けたなら嬉しいです♪

インディアンフルートはリコーダー経験があればどなたでも簡単に吹ける、6穴の笛です。
私がお教えすることもできますし、「インディアンフルート」でお調べ頂くと色々な演奏が聴けますので、ご興味ございましたらぜひ調べてみて下さいね。

グループ名:ELKネイティブドラム&インディアンフルート)

 

小中学生「CUPS」|初演奏

今回は初の試みとして、カップスチームを編成しました。
挙手してくれたのは、6名。
3年生から中1までの女の子たちです。

5回の練習を経て、発表会を迎えました。
練習の時は失敗してしまったり、リズムが走ってしまったり…だったのですが、本番は素晴らしくまとまっていました!
(本番に強い!!)

子どもたちの頑張り、是非ご覧下さい♪

また次回の発表会でも、リズムチームワークの時間を設けたいと思います。

講師連弾演奏|動物の謝肉祭

発表会の最後に、武蔵野音楽大学時代の旧友と連弾演奏致しました。
13年ぶりの連弾でしたが、それまでほぼ毎年演奏会で連弾をしていた仲なので、阿吽の呼吸で弾けたのではないかと思います。

ただ、時間が押してしまい、「あと15分で完全撤収!」という状況での演奏だったため、大慌ての「ライオンの行進」となってしまいました…。
原曲は、もっとドッシリした雰囲気の曲です!

演奏曲は、ライオンの行進、水族館、フィナーレ、の3曲。

あ!知ってる!という曲かもしれません。

お聴き頂けたら嬉しいです♪

最後に

発表会に出演してくれた子どもたち、応援して下さった保護者様、演奏出演してくれた友人たち、みなさま本当にありがとうございました。

ひとりひとり、終えてからの感想は違うと思います。

でも、先生から大きな声でみんなに伝えたいことは
「練習してきた成果をみんなの前で弾くことができて、本当に偉かった!!」
ということです。

舞台に立つだけでも緊張するのに、その緊張を抑えて弾き切ったのだから、それだけで充分すごい!
やればできる!という自信になったのではないかと思います。

保護者様からも、
「いつもと違う我が子の姿を見る事ができて成長を感じた」
というご感想を多くいただいております。

いっぱいいっぱい褒めてあげて下さいね♪

そして、子どもたちへ。

ピアノだけでなく、これから、色々、何でもやってみようね。
自分の人生、自分の「好きなこと」をどんどん見つけていこう!

出来ないかも…と遠慮するのではなく、できないかもしれないけどやってみよう!!
色々挑戦してみた方が、楽しくてお得な人生を送る事ができる。

先生もいっぱいできないことがあるんだけど、
色々やってみて「これはできない…」と分かったの。

「できないかもしれない、怖いからやらない」
という考え方は、持ったことがないんだ。

とにかく、何でもやってみる!!

そうしているうちに、自分が「好きだな」と思う事が必ず見つかって。

得意なことが分かってきて。

同じことが好きな友達もできて。

1人で楽しめる趣味も見つかって。

楽しい時間がどんどん増えるよ。

それが、人と同じことじゃなくたって構わない。
自分と人は違うんだから、自分が楽しいと思う事を追及すればいい。

間違えても、出来なくても、カッコ悪くない。
やらないで後悔する方がカッコ悪いんだから。

自信をもって、どんどん挑戦してみようね!

最後に、関係者へのお礼を述べさせて下さい。

今回連弾をしてくれた佳奈、前座演奏してくれたELKのみんな、ビデオ撮影や舞台袖で動いてくれた家族、本当にありがとうございました。

コロナ禍の発表会で当日来られなくなってしまった関係者もおり、連弾だけの予定だった友人が、急遽司会も担当してくれることになりました。
私が全て一人でこなさなければいけないかもしれない…と覚悟していたところの快諾、本当にありがとう!

ELKのみんなも、演奏だけでなく、集合写真撮影の時の椅子並べや配置決めなど、突然のお願いだったにも関わらず快く引き受けてくれてありがとう!

とにかく、みんなの力があったからこそ、無事に終える事のできた発表会でした。
ありがとうございました!

7月は1日の休みもなく発表会を迎えましたため、7月後半から8月前半は夏休みを頂きます。
リフレッシュしてまたレッスン再開致しますので、どうぞ宜しくお願い致します。

川野めぐみ